Simplicity2=SEO施策済み、収益性の高い広告表示のWordPressの無料テーマ

 

フクトミです。

 

WordPressでアフィリエイトの作業をしていて、次のように思うことはありませんか?

 

右サイドバーの下の方へ伸びるアフィリリンクを眺めつつ、「もっと広告の表示位置がどうにかならないものかなあ」とか、「このテンプレート、SEO対策済みとなっているけれど、ほんとにSEO対策に強いのかなあ」とか・・・

 

ブログ専門の集客屋のまつさんが、Wordpressの無料テンプレートとして「Simplicity」をとても勧めていたので、ぼくも導入してみました。

 

WordPressの無料テンプレート『Simplicity』の導入と設定(まつさんのサイト)


Simplicity
のサイト―内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマ―

 

Simplicityには主に、以下の7つの特徴があります。

  1. シンプル
  2. 内部SEO施策済み
  3. 拡散のための仕掛けが施されている
  4. 端末に合わせた4つのレスポンシブスタイル
  5. 手軽に収益化
  6. ブログの主役はあくまで本文
  7. カスタマイズがしやすい

 

このなかで2番の「内部SEO施策済み」と5番の「手軽に収益化」は、ほんとにぼくにはうれしい機能でした。そして、7番のカスタマイズですが、このテンプレートは細かなところまでカスタマイズ設定ができ良好です。

 

ここでは2番の「内部SEO施策済み」と5番の「手軽に収益化」について、紹介させてもらいます。

 

1.「内部SEO施策済み」

 Simplicityでは、主に以下のような内部SEOをしています。

 

  • デフォルト状態でW3CのHTML5バリデーションのエラー0
  • タイトルや見出しなど適切なHTML構造に
  • 分割ページにrel=”next”/”prev”タグの追加して順番を伝える
  • リッチスニペットを用いたパンくずリストによりサイト構造を適切に伝える
  • TIMEタグを用いて記事の更新時間を検索エンジンに正確に伝える
  • メタディスクリプション記入欄(抜粋)の設置
  • テーマに使っている画像などはできる限り圧縮して転送サイズを減らす
  • hentryのマークアップに対応
  • ウェブマスターツールの構造化エラー0
  • Googleのモバイルフレンドリーテストに合格
  • PageSpeed Insightsのモバイルユーザエクスペリエンスが100
  • AMPに対応

 

Simplicityのサイト https://wp-simplicity.com/ より

 

これらの詳しい説明はSimplicityのサイト内の次の記事に載っています。

 

Simplicityが内部SEO施策で行っている7つのこと

 

さらに現在配布されているSimplicity2では、投稿・固定ページに「SEO設定」ボックスが加わり、「SEO設定」項目が増えました。

 

「SEO設定」ボックスとは、投稿ページや固定ページ等のページごとに設定できる、SEO向けの入力項目です。

 

投稿・固定ページの入力エディターの下あたりに、以下のようにある入力項目が「SEO設定」ボックスです。

 

 

この入力項目で、ページごとに以下の設定が行えます。

  • SEOタイトル
  • メタディスクリプション
  • メタキーワード
  • インデックスしない(noindex設定)
  • リンクをフォローしない(nofollow設定)


(ここまで、以下のページから抜粋:)

Simplicityの投稿・固定ページにある「SEO設定」の設定方法

 

このように、内部SEO施策済みのSimplicityはSEO対策に強いにテンプレートですが、次のサイトではSimplicityを含む7つのテンプレートをSEO対策に強いとして紹介しているので、参考にしてみてください。


SEO対策に強いWordpressテンプレート7(ferret one 2016年3月29日)

 

2.「手軽に収益化」=広告表示のカスタマイズがOK

 

広告表示の位置は、次のようにカスタマイズすることができます。

 

パソコンでは、

こんなふうにも、

モバイルでは、 

こんなふうにも、

 

Simplicityの製作者は言っています。

 

「僕自身が自分のブログで実践した広告テスト結果だと、本文中に広告を掲載する方がパフォーマンスは上がります。」

 

さらに広告のパフォーマンスを追求するなら以下のように設定することもできます。

 

Simplicityになるべく多くのアドセンスを表示できる「パフォーマンス追求広告」の設定方法

 

3.まとめ

 

SimplicityのWordpressへの導入は、冒頭で示したブログ専門の集客屋のまつさんのこの記事が参考になりますよ。

 

WordPressの無料テンプレート『Simplicity』の導入と設定(初心者向け)

 

Simplicityは、現在 Simplicity2 を配布中ですが、Simplicity2 のほかにSimplicity2 の「子テーマ」もインストールして使うことが必要です。

 

「子テーマ」の意味やイメージがよくつかめない方は、次の記事がわかりやすいかと思います。

 

WordPressテーマのカスタマイズで子テーマを使うべき理由、使い方など

 

フクトミでした。 

2 Responses to “Simplicity2=SEO施策済み、収益性の高い広告表示のWordPressの無料テーマ”

  1. アキモト より:

    アキモトといいます。
    ランキングからきました。
    僕も同じデンプレートを使用しています。
    配置によって、全然イメージが変わりますよね。
    僕も色々と研究していきたいです。
    応援しておきます。
    また、よらせて頂きます。

    • フクトミ より:

      コメントに気づくのが遅くなり、すみません。
      応援ありがとうございます。

      このテンプレートは、広告表示のカスタマイズがいろいろできそうなところが気に入っています。
      あと、前に使っていたテンプレートよりいろんな設定ができるようで、試していきたいと思います。
      今週は新しく買った教材と格闘していましたが、更新ペースを上げてコンテンツ量をふやしていかなければいけないなぁと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人 福富(フクトミ)

アフィリエイトアドバイザーの
福富(フクトミ)のブログへようこそ

プロフィールはこちら。

あなたの応援が励みになります♪


人気ブログランキングへ

このページの先頭へ