ペルソナ設定で1人に絞り込むと商品が売れるようになる理由

 

マーケティングの場では、ペルソナ設定という手法が大変有効であるそうです。

 

「ペルソナ」については、なぜペルソナ設定にしてターゲットを1人に絞り込むと商品が売れるようになるのか、その理由がわかりにくいと思ったので調べてまとめてみました。

 

ペルソナとは、「企業が提供する製品・サービスのもっとも重要で象徴的なユーザモデルのこと」(ウィキペディア)です。

 

マーケティングをする上で必須と言われる「ペルソナ設定」ですが、具体的にターゲットを作り上げるためにどんなことをするのでしょうか?

 

マーケティングにおけるペルソナ設定は様々なリサーチ情報やデータをもとに、とんでもなくマニアックな部分まで設定を考えた架空のターゲットを1人作り上げます。

 

例えば氏名、年齢、性別、居住地、職業、勤務地、年収、家族構成、趣味はもちろんのこと、その人の生い立ちから身体的特徴、性格的特徴、価値観、消費行動や人には言えないあんなことやこんなことまで設定する企業もあるようです。

 

「ペルソナ設定」の意味。 Webマーケティング初心者によるブログ記事を書く時のおはなし。https://www.bloom-promotion.jp/journal/web-marketing/basic-persona-setting-1.html

 

 詳細に具体的なことまで想定した、架空のたった1人のターゲットに、その心を動かす、その心を揺さぶるように働きかける販売活動をする。その強い訴求力が(ネット上では)多くの類似したターゲットの共感を呼び、商品が売れる。― 一言でいうと、これが「ペルソナ」という手法です。

 (※ 訴求力=広告や販売などで、消費者の購買意欲に働きかける力)

 

ぼくたちは多くの場合、少しでも多くの人たちに商品を買ってもらおうと、大勢を対象に記事を書こうとしますが、結果にみるとそれでは全然売れないということです。

 

それなのでペルソナ手法ではその逆のやり方で、たった1人をターゲットに、その人の心を動かすことで、その人と共通点をもつ類似した人たちの心も動かし、商品をより多く買ってもらうというアプローチをとります。

 

前者の大勢を対象に売ろうとするのと、たった1人をターゲットに強く訴求するのでは、マーケットでの実験結果として、明らかに1人をターゲットに強く訴求するペルソナ手法の方が、現代社会では商品が売れるということです。

 

ペルソナ設定を検索すると、たった1人をターゲットに強く訴求することで得られるペルソナ手法の効果について、次のようにいろいろな人が言っています。

 

「ユーザーの心理を理解し、強力なファンをつかむために、」

https://liginc.co.jp/243028

 

「熱狂的な濃い見込み客を獲得することができる」

http://attract-copy.com/perusona

 

「それはたった一人を目指しているようで、じつは、その背後にいる大勢の人をターゲットにすることが可能なのです」

https://satori.marketing/marketing-blog/marketing-research/persona/

 

自分が営業で、1人のお客さんに商品を買ってもらう時のことを考えてみてください。

その目の前のお客さんの身になって、お客さんのニーズに沿って、その客さんに合った商品のすすめ方をしますよね。

その客さんに商品を買ってもらうには、その目の前のお客さんの身になってトークをするでしょう。

 

広告によるマーケットや、ネット市場では、その訴求が「たった1人」と類似した共通点をもつ大勢の人たちの心理に波及・拡散して、商品が売れるのです。

 

収益を上げるためにペルソナを設定することの重要性は、非常に多くのアフィリエイターが推薦する情報商材『アンリミテッドアフィリエイト Neo』も、第3章のブログ術で強調しています。

↓↓

 アンリミテッドアフィリエイト Neoの販売ページ
http://www.unlimited-affiliate.jp/


P.S. 大勢を売り込みの対象にして失敗するのは、意味は少し違うかもしれませんが、ことわざで「アブハチ取らず」「二兎を追う者は一兎をも得ず」というのと似ていますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人 福富(フクトミ)

アフィリエイトアドバイザーの
福富(フクトミ)のブログへようこそ

プロフィールはこちら。

あなたの応援が励みになります♪


人気ブログランキングへ

このページの先頭へ